So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10のアップデートの時間はどれぐらい? [IT]

625.jpg

Windows10の無償アップデートの期限が近づいてきましたね。
2016年7月28日までにアップデートする必要があります。
せっかくWindows10が無償でアップデートするのでしたいですよね。




スポンサーリンク




しかしWindows10のアップデートにどのぐらい時間がかかるのか気になります。
OSのアップデートですからね。
それなりに時間がかかることは予想されますね。
Windows10のアップデートの時間はどれぐらいかかるのでしょうか。

Windows10のアップデートの時間

Windows10の無償アップデートが提供されたのは2015年7月29日です。
1年間MSはWindows10の無償アップデートに対応してくれました。
正直この発表があった時は驚きましたよね。

Windows10の1つ前のOSが8.1です。
Windows9が発売されるのかと思っていましたが、
1つ飛んでWindows10になりました。
これが最初の驚きですね。
なぜWindows9ではなくWindows10なのかはいろいろと言われましたしね。

Windows10にアップデートするのも最初はちょっと控えようと思った人も多いはず。
OSのアップデートって少し怖いですからね。
安定しないとPCがまともに使えないと考える人もいます。

しかしついにWindows10の無償アップデートの期限が近づいてきました。
そろそろ準備したい時ですね。
そんな時に考えるのがWindows10のアップデートの時間です。

OSのアップデートなので時間はかかるでしょう。
回線やPCのスペックによってもWindows10のアップデートの時間は違います。
しかし目安が知りたいですよね。

Windows10のアップデートの時間がわかれば
いつ頃に設定しておく必要があるのかも検討が付きます。
無償アップデートのギリギリでも間に合うのかや、
寝ている間に終わっているかなーとか。
数分で終わるならその場でサクッとアップデートするのもいいですしね。

MSからWindows10のアップデートにかかる時間の目安が公表されています。
その公表によればWindows10のアップデートにかかる時間は90分です。

しかしこの時間はPCの環境に大きく左右されます。
PCのスペックだったり現在の状況、そして回線の速さなどですね。
ですからWindows10のアップデートにかかる時間が90分で終わるとは思わないほうがいいです。

では実際にWindows10にアップデートにかかる時間はどのぐらいなのか。
かなり個体差があります。
意外に早く終る場合もあればなかなか終わらないという場合もあるんです。

私が知る限りWindows10のアップデートの時間の最短は35分程度です。
1時間もかからずWindows10のアップデートが終わるというのはかなり早いです。
通常はこれほど早く終わりません。

正常にいって大体4時間から5時間はWindows10のアップデートにかかります。
Windows10のダウンロードがありますしインストールもありますからね。
PCの設定によりすでにWindows10のダウンロードまでは完了している場合もあります。
その場合はダウンロードの時間分は短縮できますね。



スポンサーリンク




Windows10のアップデートにかかる時間は概ね4時間から5時間となりますが、
これはWindows10のダウンロードとインストールの時間です。
もちろんそれ以外にも時間はかかります。

Windows10のアップデートの前にバックアップを取る必要がありますからね。
バックアップをとらないでやろうとする人もいますが、
万が一アップデートに失敗した時に戻せなくなる可能性があります。
OSのバックアップはWindows10のアップデート前に行なっておきましょう。
微妙にめんどくさいですけどPCが使えなくなるよりはマシです。

そしてWindows10のアップデートが無事に終わった後も時間が必要です。
基本的にアップデートしたら前のOSの状態を維持しますが、
OSが変わるのでソフトの設定を変えたり、
PC自体の設定を変えたいという人も多いです。
Windows10のアップデート後にも自分で使いやすくするために時間が必要ですね。

ですのWindows10をアップデートしようと思ったら1日は時間を確保しておいた方がいいと思います。
前OSのバックアップ
→Windows10アップデート
→アップデート後の設定
にですね。

Windows10にアップデートしている時間はずっとPCに張り付いていないといけないわけでもありません。
基本的に放置で大丈夫です。
たまに見てみるぐらいでいいでしょう。

Windows10のアップデートをしている時には何度か自動で再起動がされることがあります。
再起動の際に終わったと勘違いしないようにしましょう。
PCが裏で動いていますからね。
間違っても強制終了などはしないほうがいいでしょうね。
Windows10のアップデートが失敗することもあります。

Windows10にアップデートする前のPCがアップデート対象なのか確認してみましょう。
Windows10にアップデートしてくださいという案内がPC上に表示されても、
PC自体がWindows10のアップデート対象ではない可能性もあります。

手持ちのPCのメーカーのHPにWindows10にアップデート対象のPCなのか記載があると思います。
確認してからWindows10にアップデートしましょう。
2010年ぐらいに発売したPCだとWindows10のアップデートが対象外のこともあります。

Windows10のアップデート対象外のPCをWindows10にアップデートすると、
PCが正常に動作しないことがあります。
その際は元のOSにダウングレードするほうがいいと思います。

まとめ

Windows10のアップデートの時間についてでした。
もうすぐWindows10の無償アップデートの期間が終わります。
Windowsを使っている人はそろそろWindows10にアップデートしましょう。
Windows10にしないというのも一つの選択肢ではありますけどね。

私はWindows7を使っていましたがWindows10にはアップデートしていません。
というのもWindows10のアップデート対象外のPCだったんです。
本当はアップデートしたかったのですがドライバが非対応のようでやめました。

その代わり別のPCを購入しました。
購入したPCのOSはWindows10です。

Windows10は使いにくいという評判もありますが、
個人的には使いにくいとは思いませんね。
操作的にものすごいどこかが変わったという印象も受けません。

Windows10にアップデートしようと思っている人は時間を作りましょう。
アップデートを開始してしまえば寝てても大丈夫ですからね。
夜にアップデートをするのもいいでしょう。
Windows10のアップデートが無事に成功することを祈るのみですね。



スポンサーリンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

タグ:Windows10
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。