So-net無料ブログ作成

奥原希望の高校と大学に驚きの事実が! [スポーツ]

572.jpg

バドミントンの奥原希望選手が全英オープンで優勝しました。
実はこれってかなりすごいことなんです。
日本の女性選手が単体で優勝するのは39年ぶりのことです。




スポンサーリンク




つまり奥原希望選手は歴史を作ったことになりますね。
日本のバドミントンの中でも素晴らしい記録です。
今後の奥原希望選手の活躍にも目を離せないものがありますね。

奥原希望の高校と大学

奥原希望選手をご存じない人もいるでしょう。
もしかすると殆どの人が奥原希望選手をご存じないかもしれません。
私も詳しくは奥原希望選手の事を知らなかったので少し調べてみました。

奥原希望選手は現在21歳です。
1995年3月13日生まれですからね。
まだまだ若い選手なんですよね。
しかも今回優勝したのって奥原希望選手の誕生日だったんです。
自分の誕生日に日本のバドミントンの歴史を作ったということになります。

実は試合前から決勝の日が自分の誕生日だということは知っていたようなんです。
つまり狙っていたということでしょう。
狙って優勝できるのも本当の実力がある証拠ですね。
しかも国際大会ですからね。

現在奥原希望選手は世界ランキング8位です。
しかしこの大会での優勝で世界ランキングを上げるかもしれませんね。
今回決勝で対戦した相手は世界ランキング5位の選手でしたしね。

奥原希望選手の出身は長野県大町市です。
バドミントンを始めたのは小学校2年生の時みたいなんです。
父親と姉と兄の影響でバドミントンを始めたということですが、
それほど早くから始めたわけではないんです。

しかし家族がバドミントンをしていたということは環境的にもいいですよね。
遊びながらバドミントンがどんどん上手くなれる環境です。
自分より上手い人が常にいるわけですからね。

小学校6年生の時には大会に出場し優勝もしています。
しかし全国で優勝していたというわけでもないんです。
全国小学生バドミントン選手権大会ではベスト8でしたからね。
小学生の時から実力が凄まじかったわけでもありません。

奥原希望選手は中学生になってからもバドミントンを続けます。
もちろん大会にも出場しかなりいい成績でした。
飛び抜けて常に優勝ということでもありませんが、
素晴らしい成績を収めてきたことにはかわりありません。

中学を卒業してからがすごいんです。
奥原希望選手は高校に進学するのですが地元の高校ではないんです。
奥原希望選手が入学した高校は埼玉県立大宮東高等学校です。

奥原希望選手は長野出身ですからね。
奥原希望選手は一人で親元を離れて埼玉県の高校に入学したんです。
これってかなりすごいことだと思います。

結構私立の高校で親元を離れて寮で生活するというのはありますよね。
スポーツが強い高校であれば特に珍しいことでもないでしょう。
全国からスポーツ推薦で人を集めたりもしますからね。

しかし奥原希望選手の場合は県立の高校です。
県立の高校なので寮はなかったようなんですよね。
奥原希望選手は本当に一人暮らししながら高校に通っていたようなんです。

奥原希望選手は高校時代も素晴らしい成績でした。
史上最年少のバドミントン全日本女王となったこともあります。
そして奥原希望選手は高校生にもかかわらず日本代表にも選ばれたんです。



スポンサーリンク




奥原希望選手は高校を卒業します。
注目されたのは奥原希望選手がどこの大学に進学するかです。
やはり大学に入学してバドミントンを続けると思われていましたからね。

しかし奥原希望選手は大学には進学しません。
奥原希望選手が選んだのは実業団です。
それが現在も奥原希望選手が所属する日本ユニシスです。

奥原希望選手が日本ユニシスに入社したのが2013年4月です。
実はこのとき怪我をしていたんですよね。
奥原希望選手は2013年1月に半月板を損傷する大怪我をしていたんです。

半月板を損傷した奥原希望選手は手術も受けます。
リハビリなどもかなり大変だったでしょうね。
バドミントン選手にとって足はかなり大事ですからね。
一瞬の瞬発力と踏ん張る力がとても大事です。

もちろん奥原希望選手もすぐに試合に復帰はできませんでした。
奥原希望選手が試合に復帰したのは2013年11月です。
2013年は満足する試合ができませんでした。

しかしそこから奥原希望選手の快進撃が始まります。
2014年は香港オープンで準優勝します。
そして2015年にはヨネックスオープンジャパンで優勝。
同じ年にスーパーシリーズファイナルズでも優勝します。
見事に奥原希望選手は復活しました。

そして今回の全英オープンで奥原希望選手は優勝するんです。
怪我を乗り越えての優勝ですからね。
奥原希望選手もかなり嬉しかったのではないでしょうか。

それにしても奥原希望選手の高校と大学には驚きですよね。
高校は地元を離れて単身埼玉の高校に通っていたんです。
普通の高校生はなかなかできることではありませんね。
高校入学したときってまだ15歳ですもんね。

奥原希望選手が大学に進学しなかったのも驚きです。
スポーツが有名な大学は全国にありますからね。
しかし奥原希望選手は大学よりも実業団を選んだんです。

奥原希望選手の高校時代と大学に進学しなかったというところを見ると、
早く自立したいという思いもあったのかもしれませんね。
その精神的な強さがバドミントンのプレーにも表れているようにも思います。

まとめ

奥原希望選手の高校と大学についてでした。
奥原希望選手の高校は単身で埼玉の高校に進学しました。
寮とかでもないようですからね。
すごいことですよね。

奥原希望選手は大学には進学せずに実業団でプレーすることを選んでいます。
これも高校生の時の決断ですからね。
奥原希望選手は精神的にもかなり強いのではないでしょうか。

今回奥原希望選手は日本バドミントン界の歴史を作る優勝を果たしました。
本当に素晴らしいことですね。
今後の奥原希望選手の活躍に期待しましょう。
目が離せませんね。



スポンサーリンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

タグ:奥原希望
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。